審美歯科としての歯列矯正について

代表的な審美歯科の治療とは、やはり歯列矯正ではないでしょうか。


歯列とは、歯並びのことです。

病気や怪我が原因ではないのですが、特に前歯が著しく歯並びが悪いと、残念ながら容貌に悪影響を与えていることは、珍しくありません。

また、病的に歯の萌出(はえてくること)の異常や事故による破折によって、容貌が人の印象が大きく変ることもあります。

minp!の情報収集がもっと楽になります。

お笑いで「バカ殿」というキャラクターがありますが、一本の歯を黒く塗るだけで、その人の印象や人格まで変えてしまうことも知っていますよね。



このように歯並びを矯正する治療は、審美歯科のひとつです。

歯の矯正は、主治医がその程度を診察して、処置の計画を立てます。

多くの場合、ワイヤーで固定して、牽引の方向や強弱を変えて、1年から2年かけて処置していきます。

長い処置の期間となりますが、見違えるようにきれいに矯正されるので、深刻に悩んでいる方は、この方法以外に手段がありませんので、審美歯科の受診を検討してみてはいかがでしょうか。

費用についてですが、一般的な病気や怪我の治療と違い、「歯並びが悪いこと」そのものは、病気ではありませんので、健康保険が適用されません。

これに伴う検査やレントゲン撮影もです。

矯正しなければならない程度にもよりますが、一般的なサラリーマンには、高額な治療費となるものの、その効果や悩み事が解消されることを考えると妥当な費用であるとも考えられます。



加えて、健康保険は適用されませんが、医療行為とみなされますので、所得税に対していくらかは、簡保されます。